2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 許し難い”言行不一致”(2) | トップページ | 今シーズン最後のショー、突然のキャンセルに唖然! »

2015年4月13日 (月)

許し難い”言行不一致”(3)

勘違いしているメンバーも多いようなので、このブログを通じて確認したいと思います。

リジョン再編に伴う、来シーズンからのアジアリジョンに関してです。

一部のメンバーの間では、「来シーズンからアジアリジョンは『日本』と『韓国』だけになる」と思い込んでいる人がいるようですが、正確ではありません。

しっかり、議事録を確認しましょう。「決議10」にはこう書いてあります。

「10: Motion made by Crockett for unanimous consent to define the Asia Region as Japan, and North/South Korea only. Without objection」

アジアリジョンは「日本」「韓国」「北朝鮮」だけになるのです。

ん~ん、どうなんでしょうか…。

私は、TICA本部が単純に地政学的な要素で判断したとしか思えません。
もちろん、猫の世界に”国境”も“政治”も”宗教”も関係ないことは理解しています。

しかし、現在の様々な状況を考え合わせると、この括り方は余りに拙速で性急ではないかと思わざるを得ないのです。

これがTICアジアメンバーの総意であり、民意を反映したものと言えるのでしょうか?

そもそも、アジアディレクターはこの再編に対し、ボードにどのような意見や見解を出したのでしょうか?

どのような理由でアジアリジョンがこういう地域割りになったのか、アジアディレクターは説明する責任がありますが、今のところ何の説明もありません。

もしこの決議が、アジアディレクター欠席の影響によって可決されることになったのなら、欠席の“罪”は重いと言わざるを得ません…。

少なくとも、私ならもっと多くの議論を重ね、アジア各国・地域のTICAメンバーの意見をよく聞いた上で、決議することを求めたと思います。

« 許し難い”言行不一致”(2) | トップページ | 今シーズン最後のショー、突然のキャンセルに唖然! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 許し難い”言行不一致”(3):

« 許し難い”言行不一致”(2) | トップページ | 今シーズン最後のショー、突然のキャンセルに唖然! »

無料ブログはココログ