2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 最後の最後に起きた大問題(1) | トップページ | 最後の最後に起きた大問題(3) »

2015年4月29日 (水)

最後の最後で起きた大問題(2)

4月25日(土)のショーで、午後の部のジャッジが午前の部の審査中のショー会場に入り、あろうことか、今まさにファイナルが始まろうというリング内に足を踏み入れた”事件”。

おそらく、このジャッジはこう釈明するでしょう。

「まだ午前の部の審査中だったとは知らなかった」--。

本当にそうでしょうか?

実際の目撃証言によって、このジャッジの足取りをもう一度、確認しておきましょう。

まず、このジャッジは午後に自分が担当するリングに行きました。このリングは既に午前の部の審査は終了していましたから、リングにはクラークがいただけでした。

しばらくその自分のリングにいた後、午前の部のファイナルが始まる直前の隣のリングに行きました。

もしかすると、ここで「午前の部の審査は終わっていない」と気付いた、と言い訳するかもしれません。

仮にそうであれば、このジャッジはすぐに会場の外に出ていたでしょう。

しかし、このジャッジはなお、会場内にとどまり、会場内にある猫グッズのお店に行き、出陳者と談笑していたのです。

このお店で、このジャッジがどの出陳者と話していたかは、証拠写真があるそうですから、言い逃れのしようがありません。

このジャッジはTICAのオールブリードジャッジであり、別の若手ジャッジのスポンサーにもなっている人物です。

こうしたジャッジが、このショーがオルタネイティブショーであることを知らなかったということはあり得ませんし、オルタネイティブショーにおけるルールとは何かを知らなかったということもあり得ません。

もし、TICAのルールを理解していないでこうした行為をしたというのなら、オールブリードジャッジである資格も、スポンサーになる資格もないのですから…。

« 最後の最後に起きた大問題(1) | トップページ | 最後の最後に起きた大問題(3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の最後で起きた大問題(2):

« 最後の最後に起きた大問題(1) | トップページ | 最後の最後に起きた大問題(3) »

無料ブログはココログ