2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

« まさか本気とは呆れ果てました…(1) | トップページ | まさか本気とは呆れ果てました…(3) »

2015年3月 4日 (水)

まさか本気とは呆れ果てました…(2)

このクラブのオーナーがTICAのジャッジでなければ、そんなに大きな問題にはならないかもしれません。

なぜなら、一般メンバーにはTICAのジャッジほどには厳しい「倫理規律」が求められていないからです。

しかし、今回は違います。

アジアディレクターであるクラブオーナーはTICAのオールブリードジャッジでもあるわけですから、こうしたショーの入れ方に対し「プロテスト」を申し立てられれば、Judging Program 「418.1.2 Conduct unbecoming a TICA judge(TICAのジャッジとして相応しくない言動)」に当たるかどうかが議論されるはずだからです。

TICAの歴史上、12日間に3回連続で、延べ5日間もショーを開くのはおそらく初めてでしょう。

いや、他の猫団体でさえ、こんな異常なことはやっていないはずです。

アジア(それも日本)の1頭あるいはそれ以上の猫のタイトル/アワードランキングの押し上げも狙ってショースケジュールを入れたことは明らかですから、TICAのジャッジとして相応しくない言動であったと”断罪”されなければなりません。

それとも、今もなお、たとえ「プロテスト」を申し立てられても「No Action」で切り抜けられると高を括っているのでしょうか…。

« まさか本気とは呆れ果てました…(1) | トップページ | まさか本気とは呆れ果てました…(3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさか本気とは呆れ果てました…(2):

« まさか本気とは呆れ果てました…(1) | トップページ | まさか本気とは呆れ果てました…(3) »

無料ブログはココログ