2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 新たな訴訟覚悟での”虚偽記載”放置? | トップページ | 裁判、第4回期日は2月27日(金) »

2015年2月15日 (日)

2度あることは3度あるか?ないか?

アジアディレクターがオーナーのクラブによる3月7~8日のショーには、もうひとつの注目点があります。

それは、裁判での被告側の1人が再び、エントリークラークを務める点です。

このエントリークラークは4月26~27日のショー、6月14~15日のショーと、2回にわたり不当な出陳拒否を繰り返しました。

裁判では、出陳拒否を反省するどころか、”徹底抗戦”の構えを見せていますから、「2度あることは3度ある」ではないですが、今度も出陳拒否をしてくる可能性がないわけではありません。

ただ一方で、このエントリークラークは「○○○(このクラブ名)でのエントリークラークは、いわば、受付窓口のメールボーイあるいは、メッセンジャーボーイのような業務である」とも「答弁書」に書いていますから、クラブオーナーの方針転換に唯々諾々と従うかもしれません。

裁判所に提出した「答弁書」の主張を貫くのか、はたまた「答弁書」の主張を覆して出陳受け入れに動くのか--。

注目したいと思います。

« 新たな訴訟覚悟での”虚偽記載”放置? | トップページ | 裁判、第4回期日は2月27日(金) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2度あることは3度あるか?ないか?:

« 新たな訴訟覚悟での”虚偽記載”放置? | トップページ | 裁判、第4回期日は2月27日(金) »

無料ブログはココログ