2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 資質を問う”リトマス試験紙”の役割 | トップページ | 裁判の早期終結に向けた”メッセージ”? »

2015年1月24日 (土)

TICAのルールを守ることを断念?

出陳拒否の方針を転換することで、仮にTICAのボードに対して”解決の意思”を示せても、日本における裁判で必ずしもプラスに働くかどうか分かりません。

なぜなら、アジアディレクターを務めるクラブオーナーは昨年4月23日の「審尋」において、「出陳拒否を撤回することもありません。もし撤回をしたらTICAのルールを守ることができなくなります」と書いた文書を裁判所に提出しているからです。

この理屈から言うなら、出陳拒否の方針転換は「TICAのルールを守る」ことを”放棄”したこととも受け取れます。

アジアディレクターの「審尋」が本心なら、TICAのボードの一員としてなぜ「TICAのルールを守ることができなくなる」ような方針転換をしたのか…。

素人考えかもしれませんが、この理由を合理的な根拠とともに明らかにできなければ、少なくとも裁判でプラスになるとは思えません。

« 資質を問う”リトマス試験紙”の役割 | トップページ | 裁判の早期終結に向けた”メッセージ”? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TICAのルールを守ることを断念?:

« 資質を問う”リトマス試験紙”の役割 | トップページ | 裁判の早期終結に向けた”メッセージ”? »

無料ブログはココログ