2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 「愚」であると考えれば、すなわち”賢者” | トップページ | 驚き呆れ果てた被告側の「主張」(5) »

2015年1月18日 (日)

栄える人、敗れる人…

どんな組織や人が栄え、どんな組織や人が破滅していくのか--。

そんなに難しい”問い”ではありません。

TICAに関して言うなら、「ルール」や「スタンダード」を正しく理解することが「栄える道」であり、正しく理解せず捻じ曲げたり捏造したりすることが「破滅への道」であることは疑う余地がないでしょう。

しかし、一方でアジアリジョンを束ねるセクレタリーは、、「ルール」や「スタンダード」を正しく理解することを呼びかける私たちを「根拠や理由、ルール等に縛られた哀れな人たち」と言っていますから、残念な限りです。

スッタニパータ経典でもこんな言葉があります。

「理法を愛する人は栄え、理法を嫌う人は敗れる」- -。

TICAアジアにおいて、「理法」を愛し、アクトのサイトを通じて知識を深めるメンバーが増えることがTICAの発展につながると思っています。

« 「愚」であると考えれば、すなわち”賢者” | トップページ | 驚き呆れ果てた被告側の「主張」(5) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栄える人、敗れる人…:

« 「愚」であると考えれば、すなわち”賢者” | トップページ | 驚き呆れ果てた被告側の「主張」(5) »

無料ブログはココログ