2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 今年も浅草寺のおみくじに挑戦!! | トップページ | なんと8カ月もかかるとは… »

2015年1月 2日 (金)

杜撰な「プロテスト」に呆れ果てるばかり(32)

TICAの「公聴会」であれ裁判であれ、焦点はひとつであり、共同申立人に対する質問は簡単なことです。

「あなたはセクレタリーから『プロテスト』の文書を手渡され、それを読んだ上で『プロテスト』の『共同申立人』になることに同意しますか?」と聞かれたかどうかです。

何度も指摘してきましたが、これは単なる「署名活動」とは全く違います。

訴えた相手を罰することを求める異議申し立て文書であり、TICAにおける正式な手続きです。

もし、セクレタリーが「プロテスト」という言葉を出したとしても、「Co-signer」あるいは「共同申立人」という言葉を出さずに同意を求めてきたのなら、それは騙したのと同じで責任はセクレタリーにあるでしょう。

セクレタリーが仮に「プロテスト」という言葉を口にしても、文書を確認させようとしなかったのなら、やはり騙したのと同じです。

「プロテスト」という言葉を出していなかったとしたら、”犯罪”に近い卑劣さと言わざるを得ません。

前アジアディレクターをはじめとする89人全員に、同じ説明をしたかどうかは不明です。

あるクラブ員には詳しく説明し、あるクラブ員には全く説明をしなかったことも考えられます。

その点もまた徹底的に明らかにしなければならないでしょう。

« 今年も浅草寺のおみくじに挑戦!! | トップページ | なんと8カ月もかかるとは… »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杜撰な「プロテスト」に呆れ果てるばかり(32):

« 今年も浅草寺のおみくじに挑戦!! | トップページ | なんと8カ月もかかるとは… »

無料ブログはココログ