2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

« ”株”を上げた人、”株”を下げた人(2) | トップページ | ノーベル平和賞授賞式に思う »

2014年12月11日 (木)

TICA会長・副会長選挙の重要性とは(12)

「百年河清を俟(ま)つ」--。こんな中国の故事成語をご存知でしょうか?

「河」はもちろん、「黄河」を指します。いつも濁っている黄河の水が澄むのを待つのは、ありえないことに期待をすることと同じだという意味です。

もし、TICAの会長・副会長、そして欧米のディレクターがTICAアジアが”澄む”のをひたすら待っているだけだとするならば、私は次の会長・副会長は「百年河清を俟つ」ことをしないような人物になって頂きたいと思っています。

TICAの将来、未来を託せるのは誰なのか? 

TICAアジアの再生と再建、健全な発展に力を貸してくれる候補は誰なのか?

これらを念頭に置いて投票することも重要なのでは ないでしょうか?

その視点でもう一度、各候補の経歴と所信表明を読み返したいと思います。

« ”株”を上げた人、”株”を下げた人(2) | トップページ | ノーベル平和賞授賞式に思う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TICA会長・副会長選挙の重要性とは(12):

« ”株”を上げた人、”株”を下げた人(2) | トップページ | ノーベル平和賞授賞式に思う »

無料ブログはココログ