2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 再燃する”ブラックリスト”問題(4) | トップページ | 再燃する”ブラックリスト”問題(6) »

2014年11月 6日 (木)

再燃する”ブラックリスト”問題(5)

 
もし、TICA公認クラブがTICA本部のルールや規定を無視して、勝手し放題にクラブのルールを定め、不当に善良なメンバーの”排除”を進めるなら、TICAの公認を取り消すべきでしょう。

それは「サスペンションリスト」(ブラックリスト)に関しても言えます。

以前も指摘したことがありますが、「ルール」は独立した一項目だけで判断できません。ルール全てにおける整合性のもとで理解しなければならないのです。

その意味で言えば、TICA公認クラブである限り、「サスペンションリスト」に関してはTICAの「By-Laws」と「Standing Rules」の規定に基づいて適用されなければならないことは自明です。

ですから、リジョンセクレタリーが代表を務めるクラブはTICA本部の、「サスペンションリスト」に準じて、この出陳者にどういう問題があり、それがどのルールに抵触するかを明らかにするする必要があります。

仮に、何の証拠を示せないにもかかわらず、クラブの”サスペンションリスト”に載せたとしたら、それはこの出陳者に濡れ衣を着せて、信用と評判を毀損したことになります。

「By-Laws」と「Standing Rules」も読まず、何の正当な根拠もなく、証拠もないままに出陳者を無闇矢鱈に「サスペンションリスト」に載せたとしたら、それは”蛮行”に他なりません。

« 再燃する”ブラックリスト”問題(4) | トップページ | 再燃する”ブラックリスト”問題(6) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再燃する”ブラックリスト”問題(5):

« 再燃する”ブラックリスト”問題(4) | トップページ | 再燃する”ブラックリスト”問題(6) »

無料ブログはココログ