2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 自覚のなさに呆れ果てるばかり(4) | トップページ | 自覚のなさに呆れ果てるばかり(6) »

2014年11月16日 (日)

自覚のなさに呆れ果てるばかり(5)

「男は度胸、女は愛嬌」--。

かつてよく耳にしたこうしたフレーズさえ、女性蔑視の発言とみなされる時代にあって、TICAアジアにおいて未だに時代錯誤的な男女差別の感覚を引きずっているメンバーがいることに愕然とします。

セクレタリーを務めるクラブ代表者は、エントリーを不当に拒否した出陳者に対して、「男として情けない人です」と言っていると聞きました。

「男として情けない」なら、「女としては情けなくない」とでも言うのでしょうか?

今の時代、「男として情けない…」という発言はもちろん“禁句”です。

「看護婦」は「看護師」、「ステュワーデス」は「キャビンアテ ンダント」と言い換えるのが常識になっている現代にあってなお、「男として情けない…」などと平気で口にするメンバーがいることは嘆かわしい限りです。

TICAメンバーである前に、常識ある社会人としての自覚を持ってほしいと切に願う次第です。

« 自覚のなさに呆れ果てるばかり(4) | トップページ | 自覚のなさに呆れ果てるばかり(6) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自覚のなさに呆れ果てるばかり(5):

« 自覚のなさに呆れ果てるばかり(4) | トップページ | 自覚のなさに呆れ果てるばかり(6) »

無料ブログはココログ