2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« ショー会場を「抗議の場」とする”蛮行”(7) | トップページ | TICAのルールを”全面否定”するとは…(2) »

2014年10月18日 (土)

TICAのルールを”全面否定”するとは…(1)

TICAアジアリジョンのセクレタリーが自らTICAのルールを全面否定したことに愕然としました。

エントリーを拒否しただけは飽き足りず、セクレタリーはこの出陳者に対し、「趣味の世界でルールや根拠や理由等に縛られている可哀想な貴方達…」と書いたFAXを送り付けたそうです。

このセクレタリーは何のために、TICAの「By-Laws」があり、「Show Rule」があり、そのほか諸々のルールがあると思っているのでしょうか?

「スタンダード」もルールのひとつです。そこに猫を審査する上での全ての「根拠」や「理由」があるのです。

趣味の世界であっても、「ルールや根拠や理由等に縛られている」からこそ、TICAでは公正で公平なショーが開催できるのに、それを全面否定するとは常識を逸しています。

TICAのボードにおいて、ボードメンバーがどれだけ「ルールや根拠や理由等に縛られ」つつ、その「根拠」や「理由」を巡って長い議論を繰り広げているのか知らないのでしょうか?

ボードのアジェンダ(議題)や議事録を読めば、どれだけ「ルールや根拠や理由」で溢れているかは理解できるはずですが、セクレタリーなのに読んだことがないのでしょうか?

ですから、この発言はアジアセクレタリーが、TICAの会長・副会長、全ボードメンバー、全コミッティーメンバーに対して「ルールや根拠や理由等に縛られている可哀想な貴方達」と言っているに等しいのです。

出陳拒否に当たっても、出陳者に何ひとつ根拠を示さない理由が分かった気がします。

「ルール無視」「理由も根拠も無視」--。

こうした人物がセクレタリーを務めているところに、TICAアジアの”闇”が象徴されているように思えてなりません。

« ショー会場を「抗議の場」とする”蛮行”(7) | トップページ | TICAのルールを”全面否定”するとは…(2) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TICAのルールを”全面否定”するとは…(1):

« ショー会場を「抗議の場」とする”蛮行”(7) | トップページ | TICAのルールを”全面否定”するとは…(2) »

無料ブログはココログ