2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 「それを言っちゃ~おしめえよ!」(3) | トップページ | と言うことは来年の夏ですか?? »

2014年10月21日 (火)

まさに「すっぱいブドウ」そのまま

イソップ寓話のひとつに「すっぱいブドウ」の物語があります。

ある時、キツネがたわわに実った美味しそうなブドウを見付けましたが、ブドウは高い所にあり、何度跳んでも届きません。

キツネは怒りと悔しさで、「どうせこのブドウはすっぱくてまずいに決まっている。誰が食べてやるものか!」と捨て台詞を残して立ち去るという物語です。

英語圏で「Sour Grapes」と言えば、「負け惜しみ」を意味します。

アジアリジョンセクレタリーは19日のショー会場で、エントリーを拒否した出陳者に「直接抗議」できなかったことから、「○○(出陳者名)なんか相手にしてない」とか「○○の頭の中は子ども同然で、人の言うことは耳に入らない」とか言っているやに聞きます。

しかし、そうであるなら、なぜこの出陳者の留守番電話に「じゃあ○○○(クラブ名)の時に、顔合わせたら僕がそっちに行くからね」とメッセージを残したり、FAXを送り付けて「ショー会場で会えると思いますので、直接抗議をいたします」と書いたのでしょうか?

ブドウを食べられなかったキツネ同様、ショー会場で「直接抗議」で きなかった自分に悔しまぎれに腹を立て、「誰がお前と話してやるもんか!」と捨て台詞を言っているようにしか聞こえません。

 

« 「それを言っちゃ~おしめえよ!」(3) | トップページ | と言うことは来年の夏ですか?? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさに「すっぱいブドウ」そのまま:

« 「それを言っちゃ~おしめえよ!」(3) | トップページ | と言うことは来年の夏ですか?? »

無料ブログはココログ