2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« ”解釈”変更が意味するものとは?(3) | トップページ | 驚愕の真相が明らかに!!(7) »

2014年7月 3日 (木)

驚愕の真相が明らかに!!(6)

4月26ー27日のショーで出陳拒否したクラブオーナーは、どうしてこうも次から次へと口から出まかせを並べ立てるのでしょうか?

このオーナーがTICAボードに提出した正式文書(ちなみにこの文書は5月13日付で正式に受理されています)には、こんなことも書いてありました。

「We set a one-year sanction period from May 1, 2013 through April 30, 2014」

日本語に訳すと、「私たちは2013年5月1日から2014年4月30日まで、1年間の制裁措置を設けました」--。

しかし、私たちも、そしてみなさんも同じだと思いますが、これは「アクトに対する活動の自粛要請」だったはずです。

それが、このクラブオーナーがTICAに報告する際には、いつの間にか「制裁措置」にすり替わってしまいました。

「sanction」は、いわゆる「economic sanction(経済制裁)」や「sanctions against North Korea(北朝鮮に対する制裁措置)」などで使う攻撃的な言葉ですから、このクラブオーナーは意図的にTICAボードへの報告書で使ったと思わざるを得ません。

「自粛要請」を「制裁措置」にすり替えて本部に報告するような人物を、どうして信用できると言うのでしょうか…。

« ”解釈”変更が意味するものとは?(3) | トップページ | 驚愕の真相が明らかに!!(7) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕の真相が明らかに!!(6):

« ”解釈”変更が意味するものとは?(3) | トップページ | 驚愕の真相が明らかに!!(7) »

無料ブログはココログ