2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

« 卑怯な”搦め手”に断固応じず | トップページ | みなさんはこの”前例”を認めますか? »

2014年6月18日 (水)

誰にとっての「利点」かが最重要!

昨日の続きです。

それは「議案10~12」に書かれてあった理由らしき事情。「the Board finds no merit to the complaint」(ボードはその訴えに何の利点も見いだせない)を読んで覚えたもうひとつの強い違和感でした。
 
なぜ、「the Board」が主語になっていて、「TICA」あるいは「TICA members」が主語ではないのかという問題です。

私にしてみれば、ボードが「利点」を見いだせるか否かが第一義的に重要な問題ではなく、「TICA」あるいは「TICA members」が利点を見いだせるか否かが最も重要に思えるのです。

少なくとも私がボードメンバーであったなら、主語を「TICA」あるいは「TICA members」にするように求めたことでしょう。

もちろん、ボードメンバーは各地域のメンバーから民主的に選ばれた代表であり、「ボードの利点はメンバー全員の利点と同じある」との論理も成り立つかと思います。

しかし、必ずしも正確に一致しないというのは常識です。それは政治家による国家運営を見ても明らかでしょう。内閣の政策が本当に民意を反映したものになっていますか?

どうして、「TICA(あるいは全TICA会員)の利点」と書けなかったのか?

そこにも、議案10~12を「No Action」にした別の真相が隠れているのではないでしょうか。

« 卑怯な”搦め手”に断固応じず | トップページ | みなさんはこの”前例”を認めますか? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰にとっての「利点」かが最重要!:

« 卑怯な”搦め手”に断固応じず | トップページ | みなさんはこの”前例”を認めますか? »

無料ブログはココログ