2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« TICAアジアの”偽メール”6つの疑惑 | トップページ | ジャッジ資格は剥奪も取り消されもしない »

2014年4月 1日 (火)

「○○○としてあってはならない!」

ついに、STAP論文に「不正があり、画像を捏造し改竄した」との判断が下りました。

理化学研究所の調査委員会による記者会見では出席者から「研究者としてあってはならない」「科学社会の信頼性を損ねた」など、厳しい言葉が次々と飛び出したそうです。

猫界もまさに同じ状態…。

「ディレクターとして決してあってはならない」ことが起こり、「ジャッジとして決してあってはならない」ことも起こり、「猫界の信頼性を損ねる」不祥事が相次いでいます。

小保方リーダーに対する「手順を踏んでいない」という批判は、そのまま猫界に通じますし、「管理が杜撰(ずさん)」との指摘もリジョンサイトを思い浮かべればそのまま当てはまります。

それにしても猫界が恐ろしいのは、本来は調査し処罰を下すべき立場の人物が”悪”に手を染め、不正で不公正なショーまで開こうとしていることです。

早く何とかしなければ、破滅への”暴走”はますます加速していくことでしょう。

« TICAアジアの”偽メール”6つの疑惑 | トップページ | ジャッジ資格は剥奪も取り消されもしない »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「○○○としてあってはならない!」:

« TICAアジアの”偽メール”6つの疑惑 | トップページ | ジャッジ資格は剥奪も取り消されもしない »

無料ブログはココログ