2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 猫界にありがちな「決め付け」の根本原因(6) | トップページ | 「ゼロ」運動に取り組める日は来るか? »

2014年4月19日 (土)

涙ながらの懇願も突っぱねる

「○○先生ひとりが頼みの綱です。ベストを貰えれば、私は人の情に涙を流すことでしょう。どんな苦しみとも戦って生きていけます。お笑いにならずに、私を助けて下さい」--。

もし、審査前にこんな手紙が舞い込んだら、果たしてどうするでしょうか…。

実は昭和11年、太宰治が芥川賞選考員の佐藤春夫に、こんな感じの「芥川賞をもらえれば…」と書き記した手紙を送っていたそうです。

結果は落選…。太宰は賞金500円を手にすることはすることはできませんでした。

すると太宰は次に川端康成にも訴えたとのことです。しかし、結局、この時も選に漏れたそうです。

業界によっては、選考委員の方から「私の言うことを聞けば賞をあげますよ…」と囁きかけるところもあるなかで、文学界はなかなか立派に思えます。

もし、文学界が選考委員の方から「賞をあげますよ…」なんていう世界だったら、恐らく優れた文学者など出てこなかったことでしょう。

« 猫界にありがちな「決め付け」の根本原因(6) | トップページ | 「ゼロ」運動に取り組める日は来るか? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙ながらの懇願も突っぱねる:

« 猫界にありがちな「決め付け」の根本原因(6) | トップページ | 「ゼロ」運動に取り組める日は来るか? »

無料ブログはココログ