2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 「公の場で批判する」ことの健全性 | トップページ | 力を背景に圧力をかける人々 »

2014年4月22日 (火)

裁判官に対する”挑戦状”??

「たった1匹の猫の出陳を拒否したことを真剣に取り上げる裁判所なんてどこもないと思います」--。ある日本のジャッジがTICAのボードに対して、こんなことを文書で伝えました。

みなさんはどう思われるでしょうか?

「それはそうね」と思いますか? それとも「裁判官に挑戦状を突き付けるようなものではないだろうか?」と思いますか? いずれにしても大切なのはこれを読んだ裁判官がどう思うかという点ではないでしょうか…。

この発言に対する私の意見はこうです。

第1に、これが猫を愛するTICAのジャッジとして適切で相応しい発言とは思えません。

第2に、裁判所は猫の出陳を拒否したとかしないとか、それ自体を取り上げることはないと思いますし、それが1匹だとか2匹だとか数の多少で決めるわけでもないと思います。

そこに不正があったかなかったか、差別があったかなかったか、不公正があったかなかったか、そして訴える側の主張に正当な根拠があり、訴えが正しいか否かで、取り上げるかどうかを決めるのだと思っています。

« 「公の場で批判する」ことの健全性 | トップページ | 力を背景に圧力をかける人々 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判官に対する”挑戦状”??:

« 「公の場で批判する」ことの健全性 | トップページ | 力を背景に圧力をかける人々 »

無料ブログはココログ