2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 声を上げられないメンバーのために | トップページ | 涙ながらの懇願も突っぱねる »

2014年4月19日 (土)

猫界にありがちな「決め付け」の根本原因(6)

「あなたのお父さんはさっき将棋をしてましたね。勝ちましたか?」「いや、勝てませんでした…」「そうですか。負けてしまったんですか。ずいぶん弱いんですね」

ごく普通のどこにでもありそうな会話…。おそらくみなさんもこの会話に何の違和感も覚えないことでしょう。

しかし、こうした会話の中に間違いがあることに気付かないからこそ、後になって様々な問題が出てくるのです。

「あなたのお父さんは将棋で負けた」「ずいぶん弱い」--。こんな話が大手を振ってひとり歩きするのです。

将棋や囲碁をちょっと知っていればわかる話…。そのちょっとした「知識」が欠けているために「決め付け」てしまう恐ろしさ…。

将棋には「千日手」、囲碁には「持碁」というという「引き分け」がありますが、それを知らないと、「勝てなかった」=「負けた」と勝手に思い込み、決め付けてしまうというわけです。

私がこのブログを通じて様々な視点や見方、考え方をお伝えしている理由もそこにあるのです。

« 声を上げられないメンバーのために | トップページ | 涙ながらの懇願も突っぱねる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫界にありがちな「決め付け」の根本原因(6):

« 声を上げられないメンバーのために | トップページ | 涙ながらの懇願も突っぱねる »

無料ブログはココログ