2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 相次ぐ不当な出陳拒否の異常事態(2) | トップページ | 消えては現れる元サイト管理者 »

2014年3月11日 (火)

STAP細胞”騒動”について考える

iPS細胞を上回る画期的な発見と世界を驚かせた新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文に、世界の研究者から数々の疑問や指摘が相次ぎ、共同研究者の1人がついに論文撤回を提案した事実が明らかになりました。

この研究のユニットリーダーは割烹着(かっぽうぎ)姿の美人研究者として話題になり、”リケジョ”の星とまで持ち上げられましたが、窮地に立たされた格好です。

しかし、私がここで話題にしたいのは「STAP細胞」についてでも、美人研究者についてでもありません。TICAアジアのメンバーとして汲み取るべき教訓についてです。

それはズバリ、「科学」です。なぜ、「科学」が「科学」として成り立っているかが、この”騒動”を通じてはっきり読み取れると思います。

それは誰もが検証し、確かめられてこそ「科学」だということです。第3者の疑問や指摘に答えられないのは「科学」ではありません。

私はTICAアジアにおける「主張」も同じだと思います。理由と根拠をしっかり示し、第3者が検証可能で納得できてこそ、まともな「主張」ではないでしょうか。

ですから私はこのブログを通じて、出来るだけみなさんに検証可能な理由と根拠を示せるように努力をしているのです。

それに対して2つのクラブは、第3者が検証可能な理由も根拠も示さずに、恣意的に「出陳拒否」をするという暴挙に出ています。主張は言いっ放しで、メンバーの疑問や指摘に一切、応えようとしません。

これはもはや「科学」の世界ではありません。TICAアジアは本当にこれでいいのでしょうか…。

« 相次ぐ不当な出陳拒否の異常事態(2) | トップページ | 消えては現れる元サイト管理者 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞”騒動”について考える:

« 相次ぐ不当な出陳拒否の異常事態(2) | トップページ | 消えては現れる元サイト管理者 »

無料ブログはココログ