2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« 「恐怖」と「しがらみ」で思考停止 | トップページ | ”お門違い”の批判の矛先 »

2014年3月25日 (火)

今さら聞く耳など持たないでしょうが…(3)

反対意見や批判に耳を貸さないばかりか、”口封じ”に動くなど愚の骨頂であり、最低の人間のすることです。

人の上に立ち、組織をまとめるからには、ヴォルテールの言葉ではありませんが、「私は君の意見に反対だ。しかし、君がそれをいう権利は生命をかけて守って見せる」と言えるような人物でなければならないと思っています。

その意味で猫界は最低です。公式見解が出るわけでもなく、掲載できるはずです。クラブ代表者のメーリングリストを使うわけでもなく、ただただ、メンバーの口を封じることに汲々としているだけです。

所信表明で「私は自分自身が正しいと信じるのであれば、間違った道を選択するいかなる人たちとも戦うでしょう」と威勢のいいことを言っていた人物は沈黙するだけです。せいぜい自分が睨みを利かせることができるクラブ員宛メッセージまでです。

これが「スポーツマンシップ」かと思うと、本当に情けなくなってしまいます。

« 「恐怖」と「しがらみ」で思考停止 | トップページ | ”お門違い”の批判の矛先 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今さら聞く耳など持たないでしょうが…(3):

« 「恐怖」と「しがらみ」で思考停止 | トップページ | ”お門違い”の批判の矛先 »

無料ブログはココログ