2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 全8社CM自粛という異例の事態 | トップページ | 「ショー無効」のプロテストを提出へ!! »

2014年1月30日 (木)

「出陳拒否」という異常事態!!

今、目の前で起きている「差別」や「不正」に目をつぶることはできません。見過ごしたことによる将来のトラブルを未然に防ぐ意味でも”告発”しなければならないと判断しました。

今週末に東京で開かれるショーにおいて、ある特定の出陳者に対する「出陳拒否」という異例の事態が起きています。主催クラブの代表者がエントリークラークに対し、「○○のエントリーは受け付けてはならない」と命じたと言うのです。この出陳者は今月もTICAアジアのショーに参加しており、ショールールが規定するエントリー資格を満たしています。

にも拘わらず、この主催クラブの代表者は何の具体的な理由も示さず、出陳を拒否したのです。全く差別的で、不公正で、スポーツマンシップのかけらもない行為と言わざるを得ません。

もしこうした差別的、不公正なショーが開かれるなら、このショーに参加した猫のポイントもある意味でまた不公正と言え、今年度のTICA全体のアワード・ポイントに影響を与える由々しき事態です。

こうした恣意的な「出陳拒否」が認められるなら、ライバルの強い猫を排除するなど、アワード・ポイントや順位の不正な操作も可能になってしまいます。

このショーに参加する予定の出陳者、ジャッジ全員に、こうした恣意的な「出陳拒否」が許されるものかどうか、真剣に考えて頂きたいと思います。

« 全8社CM自粛という異例の事態 | トップページ | 「ショー無効」のプロテストを提出へ!! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」という異常事態!!:

« 全8社CM自粛という異例の事態 | トップページ | 「ショー無効」のプロテストを提出へ!! »

無料ブログはココログ