2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 目を合わせた途端に分かること… | トップページ | 「使い回し」もいいけれど… »

2014年1月 9日 (木)

出陳者にも「矜持」があるとしたら…

ジャッジにジャッジとしての矜持があるように、出陳者にも出陳者としての「矜持」があるとしたら、それは何なのでしょう? 各リングで「ベスト」を獲ること? IWやRWやSGCを獲ること? あるいは年度を通じて「ベスト」になることでしょうか?

TICAのショールール第10条「出陳者の責任」の最初にこう書いてあります。「出陳者はTICAのショー・ルール、レジストレーション・ルール、バイ・ローを熟知し、順守することが求められる」

他のリジョンは分かりませんが、アジアリジョンに関してはルールを深く読み込み、理解し、精通するという点において「矜持」を持つ出陳者がそう多くはないと言わざるを得ません。出陳者としての「矜持」を勘違いし、好成績を獲っては悦に入るだけのメンバーがいる限り、健全な組織にはなりません。

« 目を合わせた途端に分かること… | トップページ | 「使い回し」もいいけれど… »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出陳者にも「矜持」があるとしたら…:

« 目を合わせた途端に分かること… | トップページ | 「使い回し」もいいけれど… »

無料ブログはココログ