2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« 「アマチュア」だった事がもたらした結末 | トップページ | 「親切心」が却って「仇」になる不思議 »

2013年12月20日 (金)

「私、失敗しないので…」最終回

テレ朝のTVドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」の最終回は26.9%の視聴率を弾き出して第2シリーズを終えました。私の場合、いろいろな事が脳裏をよぎり、楽しさ半分という感じだったのが、残念と言えば残念です。

 

「私、失敗しないので…」という主人公の決めゼリフの裏には「失敗していい医者なんていない!」という医者としての強い志があります。そして彼女はそれを有言実行してきました。

 

これはいろいろと言い換えられると思って観ていました。「私、依怙贔屓しないので…」「私、不正しないので…」。この裏にはどんな資格・職業でも「依怙贔屓していい○○なんていない!」「不正していい△△なんていない!」という強いプライドと志があるはずです。

 

主役の女優、米倉涼子さんはもう大門役をやらないという話もあるようですが、ぜひ第3シリーズを創って欲しいと思いました。

« 「アマチュア」だった事がもたらした結末 | トップページ | 「親切心」が却って「仇」になる不思議 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「私、失敗しないので…」最終回:

« 「アマチュア」だった事がもたらした結末 | トップページ | 「親切心」が却って「仇」になる不思議 »