2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« ”粛清”の動きは加速するか? | トップページ | 困難な壁にぶつかった時に… »

2013年12月 7日 (土)

権力に阿(おもね)らない生き様

今年の流行語大賞にも選ばれた「倍返し」。日本のTVドラマ史上、空前の視聴率を弾き出した「半沢直樹」の決めセリフですが、この部分だけがクローズアップされているようでちょっと残念です。

と言うのも、このドラマが読者の心を捉えたのは「倍返し」そのものにあるのではないと思うからです。なんと言っても、自己保身のために権力に阿(おもね)らない生き様、正義を通そうとする姿にあるのではないでしょうか。

このドラマについて「最後のバンカー」の異名を持つ住友銀行元頭取、西川善文氏のあるインタビューでのコメントが印象的でした。イトマン事件を振り返りながら、「半沢直樹はまだまし。かつての銀行では命を脅かされるような理不尽があった」…。

では生命の危険すらある「理不尽」にどうして立ち向かえたのか? 西川氏が指摘したのは「腹をくくる」ことでした。

TICAアジアを真の意味で再生するためにはメンバーひとりひとりが「腹をくくる」必要がありました。自分のこと、それも目先の利益だけを考えて右往左往しているメンバーがいるようでは「理不尽」に立ち向かえなどしないのです。

« ”粛清”の動きは加速するか? | トップページ | 困難な壁にぶつかった時に… »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 権力に阿(おもね)らない生き様:

« ”粛清”の動きは加速するか? | トップページ | 困難な壁にぶつかった時に… »