2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« 「私、失敗しないので…」最終回 | トップページ | ミスの指摘は嫌なもの、でも… »

2013年12月21日 (土)

「親切心」が却って「仇」になる不思議

またひとつ、私の耳に残念な話が聞こえてきました。あるショーでルール違反の疑いがあるため、出陳者が当事者のひとりに親切心から指摘しました。何回かメールでやり取りしたようですが、その当事者は最後に「私とは住む世界が違います。いつまでも交わるところがない不毛な意見の言い合いになる」と言ってきたというのです。

 

この出陳者は「できるだけ事を荒立てず、内々に済まそうとした親切心が却って仇になった」と嘆いていました。私もどうしてこうなるのか不思議でなりません。なぜなら、仮に私が当事者で、もし誰かにルール違反の疑いを指摘されたらこう返信したと思うからです。

 

「このたびは貴重なご指摘をありがとうございました。ルールを改めて確認したうえで、関係者とも至急相談し、適切な対応を取らせて頂きたいと思います。私としてもこうしたご指摘を頂くことはTICAのルールに対する理解を深めるうえで大変、勉強になります。今後ともよろしくお願い致します」

 

外交も同じですが、たとえ議論が平行線でも「対話のドア」は決して一方的に閉ざしてはならないと私は思っています。アジアのメンバー全員がTICAルールの知識を深めるためにも、もっと多くの議論が必要だと思っていただけに、今回の出来事は残念でした。

« 「私、失敗しないので…」最終回 | トップページ | ミスの指摘は嫌なもの、でも… »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「親切心」が却って「仇」になる不思議:

« 「私、失敗しないので…」最終回 | トップページ | ミスの指摘は嫌なもの、でも… »