2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

2019年5月25日 (土)

新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から③

昨日の関連でもうひとつ指摘しておかなければなりません。

それは、仮に前セクレタリー(現Asia East Region Director)がアクトのブログを誤解や曲解して読んでしまったとしても、「読解力」のある他のクラブメンバーが「それは間違った解釈です」と正してあげればいいわけです。

前セクレタリーが主宰するクラブのクラブ員が何人居るか知りませんが、1ケタということはないでしょう。

10人、20人、もしかするとそれ以上いると思いますが、ぞの全員がアクトのブログを正しく読む「読解力」を身に付けていないのでしょうか。

思い込みが激しいひとりやふたりのメンバーが誤解や曲解してしまうことはあったとしても、クラブ代表、さらにその家族、クラブ員全員が今なお、私がアクトのブログで、前セクレタリーのクラブ(あるいはクラブ員)がオウム真理教(あるいはオウム真理教信者)と同じだと書いたと思い込み続けているのでしょうか。

前セクレタリーが主宰するクラブおける2回の「出陳拒否」に対する裁判は6月17日(月)に判決を迎えますが、少なくとも前セクレタリーは結審した今年3月20日まで、その認識を変えませんでした。

もちろん、上長に唯々諾々と従う組織というものもありますから仕方ないのかもしれませんが、「趣味の世界」の組織風土として考えても、そうしたことはあってはならないことと思わざるを得ません。

「趣味の世界」だからこそ、公平性と公正性、平等性を前提に、誰一人排除されることも取り残されることもなく、楽しめる組織であることが求められる(あるいは望まれる)と思うからです。

2019年5月24日 (金)

新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から②

ちなみに昨日の続きですが、私は当時のアクトのブログで、前セクレタリーのクラブ(あるいはクラブ員)がオウム真理教(あるいはオウム真理教信者)と同じだと書いた事実はありません。

それは、当時のブログが今もそのまま公開されていますから、読んで頂ければと思いますが、私はオウム真理教事件を例に取り、組織風土とその組織のメンバーの思考のありようについて論じたに過ぎません。

ある学識経験者が、「読解力は生産性に直結する。文書やメールを読んできちんと実行できないメンバーが組織の中に数人いるだけで、ビジネスやプロジェクトは滞り、生産性は下がる」と指摘していました。

小さな「趣味の世界」と言えども、「読解力」に欠けるメンバーがいると、そしてそうしたメンバーが組織運営に携わると、どれだけ組織の健全性が失われるか、端的に示していると言えるのではないでしょうか。

この識者は、「読解力が身に付けば、生産性が高い人材になり、安心して生きていける」とも説いていました。

TICAアジアにおいても、組織運営に携わる人は「読解力」を身に付ける必要があり、そうなっていけば多くの人が安心して、不公平感なくショーを楽しめるようになるでしょう。

少なくとも、現在のように特定のメンバーを恣意的に排除して、別の特定のメンバーだけ”依怙贔屓”するような組織風土とは決別できるはずです。

2019年5月23日 (木)

新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から①

4月25日からの続編です。

原告側代理人:「先ほどオウム真理教のブログが非常に腹が立ったというふうに言っていますけれども、これは(2014年)3月9日にあなたが(出陳)拒絶する前の話ですね
前セクレタリー:「そのとおりです

原告側代理人:「そうすると、3月9日の出陳拒否とは関係ないんですね
前セクレタリー:「関係ないです

かなりあいだが空いたので、背景を解説しておくと、尋問は前セクレタリー(現Asia East Region Director)が主宰するクラブにおける2014年4月12~13日のショーでの「出陳拒否」に関してです。

「出陳拒否」を決めたのは、どうやら3月9日であるらしいのですが、一方で前セクレタリーは「出陳拒否」の理由について、アクトのブログで前セクレタリーのクラブ(あるいはクラブ員)がオウム真理教(あるいはオウム真理教信者)と同じだと書いたとか何とか主張していたからです。

そこで、原告側代理人が時系列で辿って、東京地裁の本人尋問で質したというわけです。

ここで明らかになったことは、少なくとも前セクレタリーが主宰するクラブの「出陳拒否」に関して、アクトのブログで「オウム真理教」に言及したことが理由ではなかったということです。

なぜなら、私がオウム真理教について触れたブログは2014年3月25日前後に掲載したのであって、その時には既に(3月9日に)前セクレタリーは「出陳拒否」を決めていたからです。

裁判で尋問までしないと「真実」が明らかにならないということが、このやり取りからだけでも分かります。

小さな「趣味の世界」の出来事だから、時系列の関係や因果関係について杜撰でいい加減な主張でも許されるのでしょうか。

もちろん、私はそうは思いません。

健全な組織にするためにも、まともな感覚を持った人たちが増えなければならないでしょう。

2019年5月22日 (水)

【速報】TICA Spring Board Meetingの主な決議内容

17~19日に開催されましたTICA Spring Board Meetingでの主な決議の内容をお伝えします。

基本的にジャッジに関わるものであり、一般メンバーや出陳者に直接的に関係してくるものはありません。

◎ルール追加案:Add Bylaws 123.9 (Dual Judging Licenses)・・・否決

Add Bylaw 123.9:
123.9 No judge holding a current judging license in any international feline association shall be eligible to hold a TICA judging license in any level.
123.9.1 In the best interests of the Association, the Board of Directors may allow exceptions in this rule. The Board must make Standing Rules to set parameters for those exceptions.
123.9.2 Judges holding any other judging license before this rule is effective are exempt from it.

×改正案:Amend Standing Rules 106.4 (Standing Committees)・・・可決

※下記は主な部分のみ
106.4 Standing Committees. The President, with the advice of the Board of Directors, shall appoint persons knowledgeable in the fields specified to serve on the following standing committees. Any other committees, which from time to time may be necessary and proper for the effective and efficient operation of the Association, may be created by the President and appointments to them are made by the President, with the advice of the Board. Rules committee shall have a chairperson, members as needed and a board member who works with the committee as a liaison director. Board members may not be included in the Rules committee other than the liaison. Each Standing Committee shall have a chairperson, members as needed and a Board member who works with the committee as a liaison and who serves on the Committee in a non-voting, ex-officio capacity.

106.4.1 Advisory Standing Committees. The following committees serve in an advisory capacity, bringing unique knowledge and skills that aid the Board to make more effective decisions on behalf of the Association.

106.4.2 Board Administrative Standing Committees. The following committees are created by the Board of Directors in order to perform certain delegated duties on behalf of the Board. Unless otherwise specified, a member of a Board Administrative Standing Committee may not concurrently serve as a member of the Board of Directors.

×ルール追加案:Add Standing Rule 106.4.6.5.3 (JC Eligibility)・・・否決

106.4.6.5.3 No candidate holding any positions on any committee with an alternative organisation may be elected to the Judging Committee. If the candidate wishes to be in a position to stand for election to the Judging Committee, they must relinquish their committee position(s) with the alternative organisation.

◎ルール追加案:Add Standing Rules 106.4.2.1.11 (Removal from the Judging Committee)・・・可決

106.4.2.1.11 Removal from the Judging Committee. The Board may remove a member from the Judging Committee for the following reasons.
106.4.2.1.11.1 A member no longer holds a valid TICA judging license.
106.4.2.1.11.2 A member is under disciplinary action by the Board.
106.4.2.1.11.3 Two thirds of the members of the Judging Committee (the total number of members includes the subject member) petition the Board to remove a member for any reason, including (but not limited to) lack of participation, poor behavior, or breach of confidentiality.

◎ルール追加案:Add Standing Rule 307.6.4.1 (Domestic x Non-domestic Outcrosses) –Savannah BC・・・可決

307.6.4.1 The progeny of a domestic X non-domestic source species cross cannot be registered in the Foundation Registry as any breed other than the breed associated with that specific non-domestic source species. For example, Serval Leptailurus serval can only parent a Foundation Savannah, Asian Leopard Cat Prionailurus bengalensis can only be parent of a Foundation Bengal, and Jungle Cat Felis chaus can only parent a Foundation Chausie.

◎ルール改正案:Amend Judging Program 410 (LIGJ Program)・・・可決
※LIGJ=Licensed International Guest Judge

内容は省略

◎改定案:Update Judging Program (Preface, Articles 1-2-3)・・・可決(※細かい点で修正あり)

内容は省略

2019年5月21日 (火)

【速報】Clerking Administratorが代わりました!

Clerking Programの関連で、クラークのみなさんとクラークを目指そうとされているメンバーのみなさんへご報告です。

TICAのClerking Administratorは長らく、Dewane Barnes氏が務めてこられましたが、Caroline Frakiaさんに代わりました。

Caroline Frakiaさんはスフィンクスとデボンレックスのブリーダーだったそうで(現在は繁殖をやめているようです)、1992/93シーズンからクラークを始めたとのことです。

同氏あるいはClerking Programに関する問い合わせは、下記のメールアドレスになります。

clerking.admin@tica.org

2019年5月20日 (月)

【速報】TICAルール改正:Clerking Programは変更なし

このブログで11日に紹介した「Clerking Programのルール改正案」については、17~19日に開催されたTICA Spring Board Meetingにおいて、「Take No Action(=改正しない)」ということが決まりました。

Clerking Programに入るのに少なくとも1回のClerking Schoolに参加(出席)する必要があり、この「義務」をなくす(=可能であれば参加する)というものでしたが、今後もこの規定に変わりはありません。

改正しない理由としては、オンラインでのClerking Schoolを実施しており、敢えて現在の規定を変える必要はないだろうということのようです。

ちなみに改正案は以下のようなものでした。

(改正案) 51.2.3.3:
51.2.3 Trainee Status. Each applicant shall submit a Clerking Program Application to the Clerking Administrator, plus a recent 4" X 6" color photograph (not a Polaroid). A $15 application fee must be sent to the Executive Office or the Clerking Administrator. As soon as these requirements are fulfilled, the applicant will be sent a copy of the Clerking Manual and enrolled in the Clerking Program as a Trainee.
The following should be completed prior to requesting advancement.
51.2.3.1 Learn the information contained in the Clerking Manual.
51.2.3.2 Get practical experience.
51.2.3.3 Attend a Clerking School (if possible)

(改正案)51.2.4.1.1.1:
51.2.4
51.2.4 Licensed Status.
51.2.4.1 Assistant Ring Clerk.
51.2.4.1.1 Before an Assistant Ring Clerk license is issued, Trainees must complete the following:
51.2.4.1.1.1 (Rule deleted) Attend a sanctioned clerking school within the previous 2 years.

2019年5月19日 (日)

【重要】改めて「ファイナル」と「タイトル要件」について㊦

昨日の続きですが、ちなみに「Top 5」という記載されている場合は、どういう意味かというと、「カウントが25頭未満(=24頭以下)の場合」となります。

ですから、Show Ruleにおいて「Top 5」という記載を残しておくと、「カウントが25頭未満(=24頭以下)の場合」という意味合いも残ってしまいますから、ルール改正で、小文字の「t」を使って「top 5」に変更しました。

これにより、SPリングの場合、カウントによらず、とにかくファイナルの1~5位に入れば「タイトル要件」として数えられるという意味が明確になりました。

なお、「CH CHA MS」になる際、「SGC SGCA SGM」になる際については一切、ルール変更はありませんので、従来通りです。   

CH CHA MS            300 points from 4 different judges, plus one final

SGC SGCA SGM    6000 points plus 1 Best Cat as a QGC/QGCA/QGM

2019年5月18日 (土)

【重要】改めて「ファイナル」と「タイトル要件」について㊤

5月5日と6日に「【重要】アルターの『ファイナル』と『タイトル要件』について」と題してご案内しましたが、誤解があるといけないので追加させて頂きます。

この2回の連載はあくまで「アルター」の「タイトル要件」について取り上げましたので、あのようなご紹介になりましたが、ルール改正自体は「アルター」クラスだけを対象としたものではありません。

以下に再掲するように、「キツン」を除く全てのクラスの「タイトル」が対象となります。

 GRC GCA GRM      1000 points with 6 finals, 3 in Top top 5 SP or Top 10 any final in AB
  DGC DGCA DGM    2000 points plus 1 final in Top top 5 SP or Top 10 any final in AB
  TGC TGCA TGM    3000 points plus 1 final in Top top SP or Top 10 any final in AB
  QGC QGCA QGM   4000 points plus 1 final in Top top 5 SP or Top 10 any final in AB

例えば、「Champion」の「Cats」の場合でも、これまではABリングでカウントが21頭の場合の6位は「タイトル」要件としてファイナルの数に認められていませんでしたが、今シーズンからは認められます。

別の例を挙げれば、ABリングでカウントが24頭の場合、前シーズンまで6~9位は「タイトル」要件としてファイナルの数に認められていませんでした。(※今シーズンからは認められました)

これは、Show Ruleに記載されている「Top 10」という意味が、カウント25頭以上の時の1~10位であったからです。

そこで、この表記を「Top 10」から「any final」に変更することで、とにかくファイナルに入れば全て「タイトル要件」とするようにしたというわけです。

「アルター」クラスだけはないことを改めてお伝え致します。

2019年5月17日 (金)

どうして同じルール違反が繰り返されるのか?⑤

実際のところ、どのような経緯でこのような事態になったのか、誰がどこまで自らに課せられた責任を果たし、誰がどこで自らに課せられた責任を果たさなかったのか、こうした解明が再発防止の第一歩です。

TICA本部に要請しましたので、TICA本部が本気でこの問題の重要性を認識し、解決する気があるなら、経緯を詳らかにすることでしょう。

まず明らかにすべき基本的な焦点は、以下の3点と言えるでしょう。

①韓国のクラブはいつショーライセンスを申請し、いつショースケジュールをTICA本部に提出したのか?

②TICA本部はいつショーライセンスを発行したのか?

③TICA Asia East Region Directorは何によって、いつ、このショーの開催を知ったのか? あるいはいつまで知らなかったのか?

この3点が明らかになって初めて、次の段階に進めるかと思いますし、そのプロセスの中で再発防止策も浮かんでくるかと思います。

2019年5月16日 (木)

どうして同じルール違反が繰り返されるのか?④

この件に関連して、もうひとつ問題だと思うのは、韓国のショーでは2人の日本のJudgeが審査をしており、そのうちの1人は元アジアディレクターだったことです。

かつてとは言え、自分がアジアディレクターであったという自覚があるなら、Judge依頼を受け、それを受諾し、実際にJudgeとして現地に行くまでの間、自分が審査を担うショーがTICA本部のofficial Show Calendarに載っているか、Asia East Region公式サイトのショースケジュール表に掲載されているか、確認するのが当然でしょう。

少なくとも、私ならそうしていましたし、そうするのが当然と考えます。

この元アジアディレクターがいつ韓国のショーのJudgeを引き受けたのか知る由もありませんが、実際のショー開催日まで少なくとも1~2カ月はあったはずです。

TICA Asia East Regionのコンプライアンス意識の欠如は、現Directorだけの問題ではなく、前職・元職のDirectorにおいても”無自覚”で”無責任”な点に原因があると言えるのではないでしょうか。

そして、アクトに対してだけ声高に非難の叫びを上げ、徹底的に”袋叩き”にしたことを考え併せると、要はルール違反の疑いがあったから”袋叩き”にしたのではなく、差別し排除するためにルール違反の疑いをかけ、”袋叩き”にしたのだということが良く分かります。

もし、そうでないと”言い張る”なら、必ずや現Directorに「意識調査」の実施や「1年間の活動自粛」を提案するはずだからです。

«どうして同じルール違反が繰り返されるのか?③