2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

2019年7月22日 (月)

新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉝

原告側代理人:「同居していれば、そのアクトキャットクラブのブログについては○○さん(アクトクラブ員)と屋和田さんは連帯責任というふうにお考えということですか?」
前セクレタリー:「もちろんです

東京地裁の法廷で堂々とこう証言したわけですから、私も大いに驚きました。

同居していると連帯責任になるとは、私には時代錯誤の何ものでもなく、前セクレタリー(現Asia East Region Director)の常識を疑うに十分でした。

クラブ運営と同居しているかどうかは全く別であり、アクトのブログについても同居しているかどうかは全く関係なく、アクトクラブ員がアクトの役員を務めているといっても、それぞれのクラブにおける役割分担や意思決定のあり方は異なるわけですから、それを十把一絡げにして考えるのは一般的な社会通念を逸脱しているとしか思えません。

仮に私とアクトクラブ員がアクトの共同代表であったり、共同運営者であったとしても、アクトのブログは私個人の「言論活動」であり、アクトのそのものの運営とはまた別の次元の話になります。

前セクレタリー(現Asia East Region Director)は、この他にも私とアクトクラブ員が一緒にエントリーしているとか、ショー会場に来ているとかも、”連帯責任”を負うことの根拠らしき事情としていますが、それはキャッテリー運営に関することであって、アクトのクラブ運営とは別物であるわけですが、前セクレタリーはそのことを理解していないようです。

趣味の世界であるからと言って、こうした「混同」が許されていいわけがありません。

2019年7月21日 (日)

新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉜

原告側代理人:「その個人の名前でエントリーしている人にアクトキャットクラブのブログがどう関係して、○○さん(アクトクラブ員)の出陳を拒絶できるんですか?
前セクレタリー:「それは役員だからというか、もう同居もされていたし、その当時。御本人たちは2013年5月からとかなんとか言ってますけど、その前から同居されているような話を聞いていましたし、僕の中ではもうアクトキャットクラブイコール○○氏(アクトクラブ員)、屋和田氏だったんです

前セクレタリー(現Asia East Region Director)は、TICAのことでアクトクラブ員の勤務先にまで電話をかけるよう人物ですから、「出陳拒否」に関して「混同」があっても不思議ではないかもしれません。

アクトの役員をしているからといって、そのことを理由に個人資格でエントリーしている出陳者を拒否することはできません。

誰かと同居しているからといって、そのことを理由に個人資格でエントリーしている出陳者を拒否することはできません。

仮に「アクトキャットクラブ=○○氏(アクトクラブ員)」だったとしても、エントリーは個人資格で行っているわけですから、アクトのことで出陳者を拒否することはできません。

これらは社会通念上の常識に照らせば、普通に判断が付くはずですが、前セクレタリーは違うようです。

もちろん、混同や思い込みは誰にでもあることで、これが一般メンバーにおける単純な勘違いや思い違いなら仕方ないかもしれません。

ですが、たとえ趣味の世界であっても、TICA公認のクラブ主宰者やRegionスタッフ、セクレタリーやディレクターはその地位と職責に鑑みてあってはならないと言わざるを得ません。

2019年7月20日 (土)

新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉛

原告側代理人:「○○さん(アクトクラブ員)はアクトキャットクラブの○○としてエントリーしてるんですか?
前セクレタリー:「いや、エントリーはみんな個人の名前です

このやり取りは極めて重要です。

猫界は何でもそうですが、「混同」する傾向が強く、個人の資格でするエントリーについても勝手に属性を付けて判断する傾向があります。

ちなみに「出陳拒否」されたアクトクラブ員は、アクト以外に3つのクラブに入っています。

つまり、4つのクラブに入っているわけで、しかもアクトは最も最近であり、活動歴としてはアクトが一番浅いということになります。

前アジアディレクターがオーナーのクラブにおける「出陳拒否」では、2013年4月29日のアクトショーが問題視されたわけですが、ルール違反は何一つなかったわけで、ショーマネージャーだったアクトクラブ員においても何の責任も生じません。

アクトのブログについて言えば、私が書いているので私の責任は生じるかもしれませんが、アクトクラブ員に責任が生じることなどあり得ず、仮にアクトのブログでアクトという組織の責任が問われたとしても、クラブ員まで責任を負わされる理由はないわけです。

そして、冒頭に戻りますが、そもそもエントリーは個人の資格でしているのであって、所属クラブとは関係ないわけですから、もしアクトのクラブ員であるという属性を問題にした「出陳拒否」であったなら、それは完全に間違った判断だということになります。

2019年7月19日 (金)

新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-「尋問調書」から㉚

アクトのブログについて、クラブに責任があるのであれば、組織としてのクラブに責任を負わせるべきであって、クラブ員に責任を負わせるべきでないことは社会通念上の一般常識でしょう。

もちろん、その場合でも、アクト代表者としての責任は別途、生じるであろうことは私も認めます。

一方、書き手に責任があるのであれば、アクトのブログに関しては私が書き手ですから、私が責任を負うことになり、クラブ代表者が書いている以上、組織としてのクラブにもそれなりの責任が生じるであろうことを私は否定しません。

ですが、この場合も、クラブ員に責任を負わせるべきでないことは社会通念上の良識や常識があれば当然でしょう。

ところが、前セクレタリー(現Asia East Region Director)は違うわけです。

「アクトキャットクラブのブログというのは、アクトキャットクラブが発信している」「(誰が)書こうが関係ない」とクラブの責任を主張しながら、「○○さん(アクトクラブ員)が書いたんでしょうといわれても仕方ない」という理由らしき事情で、恣意的にアクトクラブ員の責任にしようとしたのです。

これはあまりに都合のいい主張と言わざるを得ません。

書き手の責任、クラブ代表者としての管理責任、クラブとしての掲載責任などいろいろある責任をいいとこ取りしているとしか思えないわけです。

TICAのBoard Memberとして、Asia EastのDirectorとして、責任の所在を混同して判断が付かないだけでなく、恣意的にクラブ員に”濡れ衣を着せる”ようでは、その資質と能力に大いなる疑問符が付いても仕方ないですし、TICA Asia East Regionという組織において公平性や公正性は維持できないと考えざるを得ません。

2019年7月18日 (木)

2019 TICA Clerking Refresher Test 「Section 5」

多くのクラークのみなさんが既に「TICA Clerking Refresher Test」を終えられているかもしれません。

今回はちょっとしたトラブルもあり、問題はSection 4までとなりましたが、さらに勉強したいというクラークさんは、Section 5も挑戦してみてはいかがでしょうか。

例年のテストと同様、ジャッジブックを見ながらのファイナルのメカニカルチェック問題となります。

Clerking Administratorから送って貰ったSection 5をアップしていますので、”腕試し”して頂ければと思います。

ダウンロード - 201920clerking20exam_section5.pdf

※「新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-『尋問調書』から」は休みました。

 

2019年7月17日 (水)

TICA Online Clerking Schoolを受講してみました!

昨夜、TICA Online Clerking Schoolが開催されましたので、試しに受講してみました。

日本時間23:00~23:55の小一時間でした。

内容的には基本中の基本といったところでしたが、米国で使っているカタログやジャッジブックだったこともあり、米国ショーでの雰囲気が分かります。

今回のOnline Clerking Schoolの中身で日本のクラークのみなさん、またはクラークを目指すみなさんにとってお伝えしたいのは、クラークは2つの視点を持つ必要性があるということです。

ひとつは、ジャッジからの視点、もうひとつは出陳者からの視点であり、クラークは常にこの2つの視点を意識し、双方からの求めに応えていかねばならないという点です。

どちらに偏っても、どちらが抜け落ちても優秀なクラークとは言えないということです。

もう1点、スライドでも明記されていましたが、キャットカウントに含まれるか含まれないかの注意点の確認です。

ジャッジが全く猫に触れることができなかった場合を除き、全てのDQ、WW、POはカウントに含まれます。

TICA Online Clerking Schoolは定期的に開催されるようなので、クラークのみなさんも一度、体験されてみてはいかがでしょうか。

※「新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-『尋問調書』から」は休みました。

2019年7月16日 (火)

TICAクラーク更新テストについて考える⑥

日本と欧米の違いを考えるとき、Show Committeeについても含めなければなりません。

欧米の実態を詳細に把握しているわけではありませんが、TICA Asia East Regionに関する限り、TICA Show Rulesの規定を十分に満たすShow Committeeは存在せず、Show Committeeがルールコンプライアンスの面で大きな問題を抱えていると言えるからです。

そうしたなか、Asia East Regionにおいては、限られた一部の有能なクラークがルールコンプライアンスを支えていたわけで、ルールコンプライアンスに寄与するクラークの育成が喫緊の課題となっていました。

しかし、今回のようなRefresher Testが定着していくとなると、そうした面での能力向上は難しくなってしまいます。

これはひとえに、Asia East Region Directorの責任でもあるでしょう。

Asia East Region DirectorがTICAのBoardに於いて、Asia East Regionの置かれている現状を正しく説明し、理解を得ようと努力していないからであり、結局、Asia East Regionの状況とは全く異なる施策が取り入れられ、それがさらにAsia East Regionの状況を悪化させかねないという悪循環に陥っているのです。

新しいAsia East Region Directorにおいては、Asia East Regionが抱える構造的な問題を把握し、分析し、それをTICAのBoard Memberに理解させ、必要な施策を講じさせるという大役も担うことになるでしょう。

Clerking ProgramやRefresher Testのあり方について、新DirectorはClerking Administratorとしっかり話し合う必要があることは言うまでもありません。

※「新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-『尋問調書』から」は休みました。

2019年7月15日 (月)

TICAクラーク更新テストについて考える⑤

クラークの実務能力としてメカニカルチェックに重点を置くということは、ルールの理解と解釈、適用・運用は専らJudgeに委ねられることを意味します。

なぜなら、自主的にルールの勉強をするクラークでない限り、今回のようなTestを繰り返していけば、ルールに疎いクラークが増えることはやむを得ず、そうなれば、TICAのルール上、何か問題がある場合にそれを指摘し、問題が起きた時にルールに基づいて適切に対応する役目はひたすらJudgeが担うことになるからです。

もしかすると、欧米では既に事実上、そうなっているのかもしれませんし、TICAのBoardの共通認識としてJudgeはTICAのルールを熟知し精通しているという大前提に立っての判断かもしれません。

ですが、TICA Asia East Regionはどうでしょう?

欧米同様、全てのJudgeがTICAの全てのルールを熟知し精通していると言えるでしょうか。

TICAのルール面において、クラークに頼らず全て判断できるようになっているでしょうか。

私は非常に疑問に感じています。

TICA Asia East Regionにおいて、ルール遵守の公平で公正なショーを開くためには、クラークのルールの知識をもっともっと高めていかねばならず、その意味で今回のTestはそれに逆行していると思わざるを得ません。

※「新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-『尋問調書』から」は休みました。

2019年7月14日 (日)

TICAクラーク更新テストについて考える④

おそらく欧米の場合、Clerking AdministratorがそんなにRefresher Testに労力を割かなくとも、様々なクラークの育成システムが存在するのかもしれません。

しかし、Asia East Regionの場合は、はっきり言って全く違います。

Judgeにおけるルールの知識、クラブにおけるルールの知識、Show Committeeにおけるルールの知識には限界があり、欧米に比べて大きく見劣りすることは否めません。

もちろん、そうであっても、”最後の砦”として、Asia East Region Office内にルールを熟知したメンバーが集まり、誰に何を聞いてもすぐに回答が返ってくる、あるいはRegion Office主催のクラークセミナーを通じて、ルールの知識を涵養しているというのであれば構いませんが、そうなってはいないわけです。

そもそも、3つのクラブにおいて「出陳拒否」が7回も起きた原因は、もとを質せばルールの理解不足にありました。

3つのクラブにおける4回分の「出陳拒否」は今なお、裁判で争われていますが、関係者が本当にルールを理解していれば、まず起きなかったと言えるでしょう。

「出陳拒否」には前ディレクターや前セクレタリーが絡み、エントリークラークやShow Committeeメンバーの関与もありました。

前ディレクターであったクラブオーナーや代表が深謝して解決金を支払うような「出陳拒否」が二度と起きないようにするためにも、クラークにおけるルールの知識の勉強は決して疎かにしてはならないでしょう。

特にAsia East Regionにおいては…。

※「新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-『尋問調書』から」は休みました。

2019年7月13日 (土)

【重要】早割申込は15日まで!「2019 TICA Yearbook」

「2019 TICA Yearbook」の早割申し込みはもうお済みでしょうか?

現地時間7月15日(月)が早割申し込みの締め切りになります。(※日本は16日まで3連休なので、この連休中に申し込めば大丈夫かと思います)

2019 TICA Yearbook Order Form」はこちらから入手できます。
↓ ↓ ↓
https://www.tica.org/downloads/file/542-2019-tica-yearbook-order-form

※「TICAクラーク更新テストについて考える」「新・前セクレタリーは法廷で何を証言したか-『尋問調書』から」は休みました。

«TICAクラーク更新テストについて考える③